機械類・カメラの処分方法

カメラ機械類の動作が不良になった、ある時全く動かなくなったので処分したいと思っている人もいるでしょう。この場合ゴミとして処分をするのであれば、基本的に不燃ごみの日に出すようにしましょう。ただし一定以上のサイズになると粗大ごみ扱いになって、処分の方法が変わってくることもあります。自治体によって粗大ごみの範囲は違ってきますが、多くのところで40~50cm以上としているようです。

まだ使えるけれども、自分は必要なくなったので処分したいという人もいるでしょう。そのような場合には、買取業者に売却する方法もあります。状態が良ければ、それなりの額で売れる可能性も考えられます。たとえばゲーム機の場合、機種によっては数千円とか数万円で売却できるケースも見られます。

カメラが不要になったので処分しようと思っている人もいるでしょう。もしまだ使えるカメラであれば、家電量販店やカメラの買取専門業者がありますのでこちらで買取できないか相談してみると良いでしょう。比較的良い状態をキープできれば、それなりの買い取り額になる可能性も期待できます。もし買取不可であればゴミとしての処分となりますが、自治体によってルールが異なりますのであらかじめ確認しておきましょう


○関連記事○

  1. 不用品の処分方法
  2. 家電の処分方法
  3. 家具の処分方法